便秘解消体操

「便秘」解消ぜんどう運動を促す準備体操

腸を刺激する運動やマッサージは「便秘」解消には積極的に取り入れていっていただきたいです。
まずは、副交感神経を活発にさせ、自律神経を整わせて腸内環境を改善させる体操をご紹介します。
こちらの体操は準備体操として取り入れていただき、睡眠の質をアップさせるために夕食後などに行うことをおすすめします。

 

■副交感神経ウォーミングアップ体操

 

@体側伸ばし(わき腹の筋肉を伸ばして腸を刺激し、血流をアップします)

 

足を肩幅に開いて立ち、両腕を伸ばし、片方の手でもう片方の手をつかみます。
つかんだ手のほうに上体をできるだけゆっくり倒していきます。ポイントは、伸びたときは息を吸って、倒しながら息をはくことです。

 

A上半身伸ばし(背中からわき腹までの上半身の筋肉を刺激します)

 

足を肩幅に開いて立ち、両腕をまっすぐ前に伸ばし、片手でもう片方の手をつかみます。つかんだ手で腕を横に引っ張り十分伸ばします。このとき手の端をつかむように意識すると腕がしっかりと伸びます。

 

B肩甲骨ゆるめ(猫背で血流の悪くなった肩甲骨をゆるめる)

 

立つか座って、背筋を伸ばし、ひじを手首が上になるように直角に曲げます。反対側の手でひじをつかんで固定したら曲げた腕の手首をぐるぐる回します。
ポイントはひじをしっかりと固定することです。

 

C股関節ゆるめ(筋肉ではなく、股関節そのものを刺激します)

 

座った時、ひざが直角になるくらいのイスに腰掛けます。足を反対側のひざに乗せて手を使って足首をぐるぐると回します。

 

 

自律神経を整えて便秘解消する方法

 

便秘になってしまってから、なかなか食生活やサプリ、体操ではうまく改善しないという方も多いのではないでしょうか。
その原因としてストレスがあります。

 

実は、ストレスは抱えこんでしまうと、自律神経の乱れの原因になるのです。
そんな自律神経を整えるために、皆がやっているストレス対策をピックアップしました!

 

ヨガ教室

ヨガは、自律神経を整え、ココロとカラダをリラックスさせる状態に変える体操です。
そのポイントとなるのが呼吸法です。

 

この吸ったり吐いたりする呼吸が、自律神経を整える作用があるんです。
当然、腸のぜんどう運動を働かせるにはピッタリです。

 

ヨガ教室は、全国にあるので、どうせやるなら、継続が大事です。
一人でやるより、お友達も増えて楽しくやれる方が長く続きますよ。
ヨガ教室は、以下を参考にしてみてくださいね♪

 

 

ストレス解消に人気の瞑想入浴剤

 

最近、家事や仕事、育児や介護などで疲れが溜まっていることはありませんか?
疲れが溜まると、体内のストレスからくる活性酸素が増えます。

 

増えた活性酸素は、体の酸化、つまり肌をサビさせ老化が早くなります。
また、腸内も老化が早くなるため、普段できるリラックスできる空間が必要です。

 

そんな1日のストレスを解放してくれるのがお風呂です。
そのお風呂も他の入浴剤にはない未体験の気持ちのよい香りが漂う世界に連れていってくれるのが、
瞑想風呂入浴剤です♪

 

1日の終わってお疲れのカラダへのご褒美に使いたいですね♪
幸せいっぱいの至福のバスタイムがコレ!

 

スマホを良く見る方は、首こり、肩こりは大丈夫?

 

スマホを頻繁に見る方に多いのが、首こりや肩こりです。
実は、首の頚部(けいぶ)には交感神経の重要な中継地点である神経が密集しているんです。

 

首こりは、筋肉が硬くなってしまうことを指しますが、この首コリによって自律神経の血流の流れが悪くなり、自律神経失調症の症状だけではなく、便秘として症状がでる場合もあるのです。

 

そんなスマホユーザーの方に人気があるのが、首こりや肩こりをなくす枕なんです♪
スマホの首コリ、肩こりをなくす人気の枕がコレ!

腸のぜんどう運動を活発(ぜんどう運動促進)にするサプリ・エキスをお探しの方へ

便秘解消


腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスするには、良質な善玉菌を選ぶ必要があります。

良質な善玉菌は、それを支える良質な栄養素と組み合わさっている場合が多いです。ここでは良質な失敗しない善玉菌サプリ・エキスの選び方を解説してます。


>>腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスの上手な選び方!<<

便秘解消体操記事一覧

蠕動(ぜんどう)運動は自律神経の働きによっておこなわているため、対策としては、・トレーニングする・ストレスを解放するの対策が必要になってきます。これからご紹介するのは腸のぜんどう運動を促すトレーニングです。寝る前など腸を動かしたい時に、継続して行ってみましょう!覚えておきたい腸のトレーニング@体をひねる運動身体をひねる運動は腸を刺激して、ぜんどう運動を促すことができます。寝る前や排便したい時、食後...

外肛門括約筋を鍛えるトレーニング外肛門括約筋を鍛えることで、スムーズな排便を促したり、排便のサインを送るためのセンサーの機能低下を防ぐトレーニングをご紹介します。外肛門括約筋以外に、腹筋などの下半身全体を鍛えることができる運動です。■ 肛門トレーニング@ またわり大きく足を開いて立ち、ひざを曲げて腰を落とします。しっかり腰を落とすことで普段あまり使われない股関節周辺の筋肉を伸ばすことができます。太...

体操で「便秘」解消ここでは腸の力を鍛えて、よい便が作れる「わかめ体操」をご紹介します。「わかめ体操」は海中を漂うわかめの気持ちになって行うゆる体操です。基本の動作は縦・横・回転の3つの動きです。これに3秒間で息を吸い、9秒間で息を吐く呼吸のリズムに合わせて行っていきます。これらの動作は腸を直接刺激するので、普段なかなか動かすことのない背骨や骨盤を支える筋肉をも動かします。それによって、腸のぜんどう...

腸下垂体操で「便秘」解消腸の運動が低下し「腸下垂」になった腸は便の排出がスムーズにいかない場合があります。「腸下垂(ちょうかすい)」とは、腹直筋が弱ったり、過激なダイエットで腸の筋肉が減ってしまい、横行結腸やS字結腸が垂れ下がってしまうことをいいます。「腸下垂」の人は腸が下がった部分に常に便がたまった状態になってしまうことをいいます。ですので、外面からは体操をおこない、内面からは腸へ働きかけるサプ...

腹式呼吸で「便秘」解消東洋医学で古くから人間のエネルギーの源と呼ばれ、身体全体の中心に位置しているのが「丹田(たんでん)」という場所です。この「丹田」を意識しながらの「中心呼吸」(腹式呼吸)と足上げ腹筋を合わせて行うことによって、腹筋を鍛えられるだけではなく、内臓のマッサージにもなるので、内臓の血行が促進され、腸も活発に動くようになります。呼吸はリラックス効果もありますので、自律神経の乱れが原因の...

だるま体操で「便秘」解消肩こりと同じように、内臓がこって固まってしまうと、血行が悪くなり臓器の機能を低下させてしまう恐れがあります。そんな内臓のこりも、身体を動かして内臓を揺さぶってあげれば血行を回復できるのです。ここでおすすめしたいのが「内臓やわらか体操」です。「内臓やわらか体操」の特徴は、呼吸も動作もゆっくり行うことにより、神経を休ませ、ホルモンの分泌を適当にする作用があります。この「内臓やわ...

体操で「便秘」解消日本人の腸は欧米人の腸よりも長く、その長い腸がゆがんだり、ねじれたりすることによって便が出にくくなることがあります。これは「腸のゆがみ」によるものです。ここではこの「腸のゆがみ」を改善する「足裏合わせだるま体操」をご紹介します。まず、足裏を合わせることによって、足の付け根にあるリンパ液の流れをよくし、腸に刺激を伝えることでぜんどう運動を促します。また、足に血液を運ぶ太い血管やリン...

金魚体操で「便秘」にさよなら!1日1時間以上、パソコンを使う、靴のかかとの減り方が左右で違う、左右の方の高さがずれている、座るときに足を組むことが多い、これらにあてはまる人は背骨がゆがんでいる恐れがあります。背骨のゆがみは肩こりや腰痛だけではなく、内臓や各器官にも影響が出てきます。「便秘」も例外ではありません。ここでご紹介したいのは「金魚体操」です。「金魚体操」は水の中の金魚のようにゆらゆらと泳ぐ...