便秘解消のコツ

腸のぜんどう運動を活発(ぜんどう運動促進)にするサプリ・エキスをお探しの方へ

便秘解消


腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスするには、良質な善玉菌を選ぶ必要があります。

良質な善玉菌は、それを支える良質な栄養素と組み合わさっている場合が多いです。ここでは良質な失敗しない善玉菌サプリ・エキスの選び方を解説してます。


>>腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスの上手な選び方!<<

便秘解消のコツ記事一覧

■アロマオイルの活用アロマテラピーは天然の花、茎、根などの有効成分を凝縮させた精油の芳香成分によって、心身をリラックスさせたり、体の不調を改善させる方法のひとつです。その歴史は大変古く、紀元前までさかのぼると言われています。ストレス解消やリラックス効果はもちろんのこと、胃腸の不快な症状を改善する効果もあるので、便秘改善にも取り入れてみることをおすすめします。●アロマテラピーの活用法【リラックスする...

■こまめに水分補給便が硬くなってしまうのは、体の中の水分が不足しているのが原因です。健康な便は、水分が70%〜85%程度を占めています。水分量がこれよりも低くなると便は硬くなり、排出しにくくなってしまいます。自分では水分をたくさん摂っていると思っていても、体内の水分は、汗、便、尿、皮膚からの蒸発によってもかなり体の外に出て行ってしまい、知らない間に体内は水分不足になっていることがあります。便が普段...

■トイレに入る時間を決める体の適応能力をいかして、便意を起こさせる方法があります。毎朝同じ時間に起床すると、体にその習慣がインプットされて、目覚まし時計を使わなくても起きられるということがあります。排便習慣にも同じことがいえます。毎朝決まった時間にトイレに入ることを続けていると、便意を回復させることができるのです。●トイレに入る時間の目安【便意がなくても決まった時間にトイレに入る】時間を決めてトイ...

■ハーブティーで胃腸を癒すハーブとは、体調を整えたり、気分をリラックスさせる効果がある自然の薬草の総称です。ハーブの中には腸の働きを活発にして、便秘改善に効果があるものもあります。最近、西洋医学では、ハーブの効能を見直す傾向にあり、ハーブの薬効成分を薬に活用する動きもあります。便秘改善にも役立つハーブを手軽にとれるのが、お茶にして飲むハーブティーです。最近はハーブティーのティーバッグも出回っている...

■五感で腸を刺激する調理中の音や料理の色合い、香り、食感と味わい、温かさ、冷たさなど食事によって五感が刺激されると脳から胃腸に消化の準備をするように指令が出されます。すると胃から消化液を分泌し、腸はぜんどう運動を始めるので、便が直腸へ向かって動き、排便がうながされます。五感、冷温感の刺激から腸を活性化させるのには、例えば次のようなことを試してみましょう。@出来あいのお惣菜は食器に移してから食卓に出...

■痔を防ぐ排便後のお尻ケア痔になると排便するのが怖くて我慢してしまい、便秘を悪化させる原因になります。それにはまず痔を予防することが大切です。痔の予防には、毎日のお尻のケアが重要です。お尻ケアのポイントは、@お尻の清潔を保つ。A血行を良くする。B肛門まわりの皮膚や粘膜を傷つけないこの3点です。排便時は、便器に座る時間を3分以内にとどめて、排便後は温水洗浄機能を利用しましょう。温水を心地よいと感じる...

■質の良い睡眠をとる便秘と睡眠は一見関係がなさそうに見えて、実は密接な関係があるのです。睡眠時間が不足したり、ぐっすり眠れない時は脳の機能が低下してしまいます。それによって、自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりしがちで、排便リズムにも悪影響を及ぼします。質の良い睡眠をとるにはどうすればよいのでしょう。そのポイントをご紹介します。@朝型の生活に切り替え、早起きが苦手な人は30分ずつ起きる時...

■体にも便秘にもよい植物油肥満や糖尿病などの生活習慣病が問題になっている最近では、油は健康を害する悪いものというイメージが強くなっています。しかし、脂質は、たんぱく質、炭水化物とともに三大栄養素にあげられるほどの重要な栄養素です。脂質の主成分である脂肪酸は、エネルギー源になるほかに、体の組織をつくり正常に機能させる働きもあります。そのため、たとえ減量が必要な人であっても適度な油は必要ですし、便秘改...

■心身のリラックスイライラしてストレスがたまっているときには、無意識のうちに呼吸が浅く短くなります。すると、交感神経が優位に働いて心身の緊張が高まってしまい、胃の働きが鈍くなって、腸のぜんどう運動も抑えられてしまいます。その結果、便を排出する力が弱まり、便意が起こらなくなってしまいます。心身の緊張が高まり、スムーズに便を排出できなくなっているときには、働き過ぎの交感神経を鎮めて、副交感神経を優位に...

■腹式呼吸で排便力を高める呼吸のしかたも排便に大きな影響を与えます。呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸の2通りあります。●胸式呼吸肋骨の間にある肋間筋を動かして行う呼吸法です。呼吸が浅くなるため、回数が多くなり、緊張を感じる呼吸になります。簡単に言うと、息を吸ったときに胸がふくらむのが胸式呼吸です。●腹式呼吸横隔膜を動かして行う呼吸法です。一度にたくさんの空気を取り込むことができるので、リラックスした呼...

■朝1杯の水を飲む腸のぜんどう運動を活発にするには、まず胃を刺激することからはじめます。胃が動くと、その反応で腸のぜんどう運動が始まるからです。毎朝、起床後に1杯の水を飲むことで、腸のぜんどう運動は高まります。空っぽの胃に水を送り込むと、水の刺激と冷たさのダブル効果で、胃が活発に動き始めます。そうすると、胃が動いたことを腸が感知して、腸のぜんどう運動も活発になりだし、便が直腸のほうへと送られます。...