便秘の原因

腸のぜんどう運動を活発(ぜんどう運動促進)にするサプリ・エキスをお探しの方へ

便秘解消


腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスするには、良質な善玉菌を選ぶ必要があります。

良質な善玉菌は、それを支える良質な栄養素と組み合わさっている場合が多いです。ここでは良質な失敗しない善玉菌サプリ・エキスの選び方を解説してます。


>>腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスの上手な選び方!<<

便秘の原因記事一覧

■便秘のしくみ排便のシステムが順調に働くことで、便はスムーズに移動し、苦労しなくてもスルッと排出されます。しかし、便がいつまでも腸内にとどまっていると、便に含まれる水分が吸収されて、硬くなってしまいます。当然、軟らかい便よりも硬い便のほうが排出するのが困難になってしまいます。便が腸内にとどまる時間が長くなれば長くなるほど排出が困難になり、強い力でいきんだり、強力な下剤を使わなければ排出できなくなる...

■宿便とは?みなさんは「宿便」という言葉を耳にしたことがありませんか?「宿便を出せば便秘が治る」「宿便が出ると痩せられる」なんて言われてもいます。口から入った食べ物は必要な栄養素が胃腸で吸収され、その残りかすが便となって肛門から排出されます。しかし、排出しきれなかった便があると、それが腸のひだにたまって、長い年月腸にとどまることがあり、それが「宿便」と考えられてきました。しかし、これには医学的根拠...

■小さな便意も見逃さない忙しい現代人の特徴として、朝は出勤の準備で忙しくてゆっくりトイレに座っている時間がない、仕事中は思うように席を外せない、学校で排便するのは恥ずかしい、などがあります。これでは、脳がせっかく「排便せよ」と命令を出しても、便意を我慢してしまうことになります。しばらく時間がたつと便意はなくなり、トイレに座っても、どんなにいきんでも便は出なくなってしまいます。便意は私たちが自ら起こ...

■女性が便秘になりやすい理由@黄体ホルモン女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。卵胞ホルモンは卵巣内の卵胞を成熟させて排卵・受精に備えます。一方、黄体ホルモンは受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くするなど、妊娠の継続をサポートするためのホルモンです。また、黄体ホルモンには腸の働きを鈍くする作用もあるため、黄体ホルモンの分泌が増える、排卵後から生理の間は、腸のぜんどう運動が鈍...

■女性が便秘になりやすい理由A冷え血液の循環が悪くなって、体の末端に血液が行き届かなくなるのが冷え性です。男性は筋肉量が多く、体内で熱を作り出しやすいため、冷え性になる人は少ないのですが、女性の場合、熱を作る筋肉が少ないことに加え、寒い季節も手足や首回りを露出する薄着のファッションで過ごしたり、ガードルなどの下着で体を締めつけて血行を悪くしがちです。また、無理なダイエットで自律神経や女性ホルモンの...

■便秘を招く原因@生活習慣の乱れ夜型で遅く起きて遅く寝る、運動不足、ストレス過多など、現代の生活では不健康な生活習慣になりがちです。排便リズムや、便意はデリケートなものなので、こうした体に悪い生活習慣を続けていると、便秘になりやすくなってしまいます。◆トイレに行きたくても忙しいので我慢する朝はとくに、通学や出勤の準備で忙しく、便意をもよおしても排便する時間がないため、我慢してしまいがちです。これで...

■便秘を招く原因Aバランスの悪い食事最近は、昔に比べて幼少期の孤食の影響による偏食、ダイエットのための無理な食事制限、インスタント食品やジャンクフードが中心の食事など、バランスの悪い食生活を送っている人が増えてきています。こうした栄養バランスの悪い食生活は、便秘の大きな原因となります。便は食べ物の残りかすですから、食事制限などのダイエットをしている人や偏食で食べる量が少ない人が便秘になりやすいのは...

■便秘を招く原因B自律神経のバランスの乱れ腸のぜんどう運動をコントロールしているものの一つに自律神経があげられます。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経は血管を収縮させたり、発汗を促進したりする神経です。活動している時や緊張している時に強く働きます。緊張してドキドキするのは、交感神経が働いている証拠です。また、交感神経が働き、血管を収縮させた時に腸のまわりの血行も悪くなるので、ぜんどう...

■便秘を招く原因E運動不足による筋力低下運動不足も便秘を招く大きな原因の一つとなります。歩ける距離も車を使う、仕事中は座りっぱなし、休日は家にこもりっきりと、体を動かす時間が少ない生活をしていると筋肉が衰えてしまいます。すると便を押し出すサポートができないので胃腸の動きも鈍くなり、排便リズムが狂ってしまいます。例えば、筋力の低下で腹筋が弱くなると腸に十分な腹圧をかけることができないので、便意を感じ...

■便秘を招く原因H腸内環境の悪化腸内には善玉菌、日和見菌、悪玉菌が繁殖するために争っています。悪玉菌も必要なものではあるため、通常の腸内では、この3つの菌が程よいバランスで存在しています。通常は善玉菌が優位になっているので腸内環境が良好に保たれています。ところが、加齢、ストレス、免疫力低下、動物性タンパク質の過剰摂取などの生活の乱れによって、悪玉菌が増えやすくなると腸内環境が悪化。腸内環境が悪くな...

■便秘を招く原因G加齢による体の衰え加齢が便通に与える影響でまず考えられるものは、筋力の低下です。筋肉が衰えると、腸のまわりにある腸腰筋も衰えてしまい、排便する力が弱まってしまいます。これを予防するには、運動を習慣にして筋力をつけるようにしましょう。また、子宮、直腸、膀胱、尿道を支えている筋肉に骨盤底筋群があります。この骨盤底筋群が排便時に緩むことによって排便がうながされるのですが、加齢とともに衰...

■便秘を招く原因F排便を邪魔する肛門のトラブル肛門のトラブルで便秘の原因になるものに、痔と肛門狭窄があります。痔には肛門に傷ができる切れ痔、血管やそれを支える結合組織の一部がいぼ状にふくらむいぼ痔、肛門に細菌が入って化膿する痔ろうがあります。便が通過するのを邪魔する位置にいぼ痔ができると、排便しにくくなることがあります。しかし、便秘の原因になるのは、実は心理的要素のほうが大きい場合があります。「排...

■便秘を招く原因Cストレスをためこむ自律神経が便秘に関わっていることはお話ししましたが、交感神経が優位になり続けると、腸のぜんどう運動が鈍くなり便秘になってしまいます。交感神経が優位になる原因のひとつにストレスがあげられます。不安や緊張が続くと便秘になりやすいのはそのためです。ストレスによって腸の動きが激しくなる便通異常(過敏性腸症候群)は、10〜50代の幅広い年代で増えており、ストレスが長く続く...

■便秘を招く原因D食事制限によるダイエットダイエットで食事制限をすると栄養が偏ってしまい食物繊維の摂取量も少なくなります。そのため便自体の量が減り、便を押し出すことができず、排便が滞ります。また、ダイエットをすると、食べ物からとる水分量も減ってしまうため便のかさと水分量が減って便秘になってしまいます。ダイエット中の食事は脂肪分を減らす食事が多く、油分が少ないと便のなめらかさが失われ、硬くてパサパサ...