便秘タイプとは?

腸のぜんどう運動を活発(ぜんどう運動促進)にするサプリ・エキスをお探しの方へ

便秘解消


腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスするには、良質な善玉菌を選ぶ必要があります。

良質な善玉菌は、それを支える良質な栄養素と組み合わさっている場合が多いです。ここでは良質な失敗しない善玉菌サプリ・エキスの選び方を解説してます。


>>腸のぜんどう運動を活発にするサプリ・エキスの上手な選び方!<<

便秘タイプとは?記事一覧

便秘といっても個人差がありますし、そもそも何をもって「便秘」というのでしょうか。「便秘」の定義というのは実はなくて、医師のあいだで言われているのは、排便が2、3日に1回程度あること、つまり、毎日排便はなくてもスッキリとしたお通じがあると感じれば、「便秘」ではないと考えられています。また、旅行などでの一時的な「便秘」は誰にでも起こりうることなので、「便秘」の治療の必要はありません。「便秘」に悩む人は...

大腸メラノーシスの怖さ「便秘」の人が便が出ないからといって、下剤に頼ってばかりいると大腸の壁に異変が起きます。怖いのが大腸メラノーシス(大腸黒皮症)という腸の変化です。これは刺激性下剤(下剤の種類で後述)の主成分、アロエ、センナ、大黄などが体内に入ると代謝の過程から、腸にメラニンのような色素沈着を起こします。これが大腸メラノーシスです。この症状が起きると、黒い色素沈着が腸管の神経まで影響を及ぼして...

■あなたの便秘のタイプは?便秘にはさまざまなタイプのものがあり、大きく2つに分けられます。便秘がずっと続いている「慢性便秘」と、一時的に便秘になる「急性便秘」です。慢性便秘には、腸全体の運動量が下がることで起こる「弛緩性便秘」、便が直腸に下りてきても大脳にサインが届きにくくなる「直腸性便秘」、腸が過敏になることで起こる「けいれん性便秘」、ほかの病気が原因となって起こる「症候性便秘」の4つがあります...

■理想の便の形便秘の方には快便の喜びに向けて努力が必要ですが、ところで快便とはどのような便が出ることなのでしょうか?理想の便と悪い便について考えてみましょう。◆理想の便@大きさはバナナ1本〜1本半分で、太さ・硬さはまさにバナナそのもの。A色は黄土色か茶色系。B少しいきめばスルッと排便できる。ペーパーでふいたときにほとんど汚れない便が良質。◆悪い便@コロコロしていて硬い。Aゴツゴツしている。B水に近...

「便秘タイプとは?」便秘タイプ1 「ストレス型」現代人とは切っても切れないのがストレスです。人は何らかのストレスを感じると自律神経の乱れが生じます。多くの場合、興奮・威嚇的な情緒である交感神経が高く、リラックスモードの副交感神経が低くなる形のときに自律神経が乱れます。消化管を収縮させるのは副交感神経の役目です。しかし、何らかのストレスを感じて収縮が正常にいかなくなると、「便秘」となって表れます。ま...

便秘タイプ2.「腸のぜんどう不全型」腸の中に入った食べ物を直腸から移動させるためには、腸が「ぜんどう運動」を行わなければなりません。しかし、この「ぜんどう運動」が正常に行われないと便が腸内に滞留し(宿便の状態)、腸が動きにくくなったり、滞留した便が異常な発酵を起こして毒素を発生させることで、悪玉菌が増え、腸内環境が悪化してしまうのです。そのため、便が出しづらくなって、薬に頼るほかなくなります。下剤...

便秘タイプ3.「直腸・肛門型」簡単に言いますと、便が直腸まではいくのに、その後排泄できないタイプの便秘です。正常な状態では、直腸に便が溜まってくると、脳にサインが送られ、排便の指示が出されます。しかし、便意を感じても自宅以外では億劫になってしまったり、恥ずかしいからとすぐにトイレに行かなかったりすると、つまり、便意を無視し続けていると、どんどん脳との連携がうまくいかなくなり、排便の指令が脳から出に...

■排便のしくみ便秘改善には、まず自分が食べたものが便となって排出されるまでの流れを理解する必要があります。@食べ物が口から入ると食道を通って胃に入ります。胃に食べ物が入ると、胃壁が伸びて、それがサインとなって反射的に大腸が動き始めます。A胃で消化された食べ物が小腸へと送られると、小腸でさらに消化され、液状になります。そして7時間ほどかけて栄養分を吸収します。B大腸で残った水分を吸収し、残ったかすが...